「ホンダホンダホンダホンダ♪」の初代シティについて!

自動車

「ホンダホンダホンダホンダ♪」の初代シティについて!

無料会員募集!

マッドネスによる初代シティのCM!

1

出典 http://cdn.snsimg.carview.co.jp

 初代シティと言えば、当時CMでしょっちゅう耳にした、マッドネスによる「ホンダホンダホンダホンダ!シティー!」ですね。8時だヨ全員集合でも、加藤さん・志村さんがものまねやってましたしね(^▽^)

ノーマルタイプ

5

出典 http://www.asahi.com

8

出典 http://www.ms-musashino.co.jp

 81年発売当初は、1.2LのCVCCⅡロングストロークタイプのNA 63/67psの標準エンジンのみ。とはいえ、今の軽自動車よりもはるかに軽量な600kg台後半のボディには必要十分!
 特徴は、当時としては異例に高い全高で、トールボーイとも呼ばれておりました。
また外観がチョロQにも似ており、実際シティタイプのチョロQも発売されてましたね。

82年 シティターボ!

2

出典 http://blogs.c.yimg.jp

7

出典 http://www.geocities.jp

 発表後の翌年の82年に、ホットバージョンのシティターボを発売!当時ハワーアップ策のひとつとして、当時のほとんどのメーカーが使用していた過給器ですね。(スーパーチャージャーはまだ無かった頃)

 これで、ノーマルの63ps/67psから一気に100psまでパワーアップ!ややアンダーパワーと言われていたシティですが、軽量ボディと相まって走り屋も納得するようなパワフルな走りを手にいれました。

 週間少年ジャンプの「よろしくメカドック」でも、ノーマルターボ車とシティRをメカドッグチューンした車との熱いバトルも描かれており、当時中1だった私の憧れの車でもありました。

 しかし、ホンダはそれだけではありませんでした・・・・・

83年 シティターボⅡ(ブルドッグ)!

3

出典 http://b-cles.jp

4

出典 http://carbic-town.com

7

出典 http://www.colc.info

 翌年83年には、ターボエンジンにインタークーラーを装備し、10psアップの110psへ更にパワーアップ!更に一時的に10%過給圧を上げるスクランブルブーストも装備されていました!
 その独特の風貌から、「ブルドッグ」という愛称で呼ばれていた、かなり過激な仕様となっております。
 「よろしくメカドック」では、メカドッグ経理担当?のいっつぁんが、本物のブルドッグ犬と一緒に、物語終盤のレースに出場してましたね(^_^;)

Youtube動画集

いや~懐かしいの一言です!このCM最高です!

とても貴重な走行シーンの映像です。エンジンのクランキング音、空ぶかし音、セミAT(ホンダマチック)車の発進時の音とか。。。

ツイッターまとめ

無料会員募集!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ