ホンダの名車「初代シビック」について

自動車

ホンダの名車「初代シビック」について

無料会員募集中!

ホンダのベーシックカー 初代シビック

5

出典 http://goodsatei.com

 ホンダと言えば、超高回転・高出力のエンジンを積んだスポーツ性の高い4輪車を生産してきましたが、前年の初代ライフより時代の流れもあってか方針転換し、誰でも扱いやすいベーシックカーを世の中に出し、見事に大ヒット車となりました。
 初期型のエンジン(非CVCC)も1.2Lで60ps、高出力版でも69psと控えめとなりました。

ホットモデル 初代シビックRS!

1

出典 http://i.ytimg.com

2

出典 http://ichiba.geocities.jp

 初代シビック生産期間7年の中で、最もホットかつ異端だったモデルは、74年にわずか1年のみ生産された「1.2RS」でしょう。

 ノーマルのシングルキャブに対し、KEIHINのCVツインキャブで76psまでパワーアップ!また4速+ODの5速ミッションで、100km/h巡航時のエンジン回転が、当時の1.2L車としては低めの約3,000rpmで、高速でのロングドライブも余裕でこなす性能も有しておりました。

 ホンダは既に「CVCC」という年々厳しくなる排ガス規制に対応したクリーンなエンジン車も発売して降り、翌年の48年規制対応につき、わずか1年の短命とわかっていながらも、このような異端なホットモデルを出したのも、かつては高回転・高出力の車を作っていた、ホンダなりの時代への意地や抵抗もあったかもしれません。。。

ホンダが世界に躍進するきっかけとなったシビックCVCCとは?

いまや日本が世界に誇る自動車メーカーとなったホンダ。しかし、1970年代、その名はまだ一介のバイクメーカーにすぎませんでした。1973年、ホンダは一台のコンパクトカーを発表しました。「シビック CVCC」。このシビックCVCCは世界の名だたる自動車メーカーが目標の達成が不可能とまで言われた「マスキー法」を見事にクリアし、トヨタや日産、果てはアメリカのビック3をも置き去りにし、ホンダが世界の4輪車市場で、トップ争いを演じられるまでにのし上がることのできた名車中の名車です!

出典 http://car-moby.jp

3

出典 http://www.jsae.or.jp

 CVCCエンジンは、歴史的に画期的な技術を持ったエンジンでしょう。当時今より高価だった触媒を使わずに、昭和53年規制をクリアしたのですから。

 私はCVCCⅡの2代目アコード1.6L(EP型)のマニュアルを運転したことがあり、ごく普通に走ることが出来ましたが、初期のCVCCエンジン車は試乗記等を見ると、クリーンになった排ガスと引き換えに、パワーダウンや燃費・アクセルレスポンス悪化・エンブレが効きにくいなど、運転する楽しさはある程度犠牲になったようですね。

ホンダ シビック (初代 SB1 ’72-’79):ホンダ車で初めて世界的な人気を獲得

初代「ホンダ・シビック(SB1型)」は、1972年に「ライフ」等の軽自動車と「1300」の間を埋める車種として登場しました。スタイリングは、当時の国産車では軽自動車以外は殆ど前例がなかった2ボックスのデザインを採用し、まずその点だけでも独創的でした。

車体サイズは、全長3,405mm×全幅1,505mm×全高1,325mmというコンパクトなもので、同時期の3ボックスタイプのライバル車と比較すると、全長が極端に短い独特なパッケージングが特徴的でした。大衆車でありながらクラスレスの雰囲気を醸しましたが、一方で自動車に詳しくない人からは、軽自動車と誤解されるケースもありました。

出典 http://b-cles.jp

欧州的な価値観の表明「ホンダ・シビック」

 日本車の歴史に残る2ボックスで、真っ先に思い浮かぶものがホンダの初代シビックだ。無駄のない線で構成されたスタイルは、同時にキュートともいえるコンパクトさを備えていた。前から見ても後ろから見ても、一目でわかるカタチは、今も魅力を失っていない。

シビックは、全長3.5m程度のコンパクトな車体だった。しかし、デザイン性の高いインテリアとともにクオリティーが高く、すぐに人気を博した。60年代から70年代に石油ショックに襲われるまでの高度成長期には、大きなクルマがもてはやされる傾向にあったが、シビックは“なり”は小さくても、決して負けていなかった。このクルマに乗ることは、モータースポーツで世界的な地位を獲得しようとする本田技研への応援であり、凝縮感のあるいいものを志向する欧州的な価値観の表明でもあったからだろう。

出典 http://www.asahi.com

Youtube動画集

初代シビックの後記型の1977年CM画像です。昭和の雰囲気が伝わってくる内容ですね~

共に貴重な現代での走行動画です。エンジンの昔のホンダサウンドがたまりませんね~!!

ツイッター・インスタグラム まとめ

無料会員募集中!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ