レヴォーグの排気量は何故1.6Lと2.0Lか(その1)

自動車

レヴォーグの排気量は何故1.6Lと2.0Lか(その1)

無料会員募集!

●過去の1.6Lエンジン

 私が購入したグレード、1.6GTアイサイトの排気量について、思うところを述べたいと思います。

 ご存じの方も多いと思いますが、今や1.6Lという排気量は、日本のクルマの税制上ではとても中途半端な数値でして、税制的にはあまりおいしくありません。

 一昔なら、トヨタ レビン/トレノの4A-GEやホンダ シビック/CR-X SiRのB16A型
VTECなど、数々の名機と呼ばれるエンジンも存在してましたね。いわゆる「テンロク」というヤツですか。

 しかし、技術革新は進み、1.5Lでも一昔前の1.6L並み、もしくはそれ以上の中低速トルクを得られ、1.6Lはほとんど絶滅危惧種?になってしまいました。。

 そりゃあ、自動車税は1.5L(正確には1.5L未満)と1.6Lじゃ年間5,000円も違いますし(2.0L未満と同じ)、任意保険だと2.5L未満までと同じになってしまいますしね。

●レヴォーグに採用した理由

 それでは何故スバルはレヴォーグで、もしくは現行インプレッサのNAエンジンで、税制上不利な1.6Lを採用したか?

 それは自分でレヴォーグ1.6Lに乗って実感したのですが、どうしても発進の出だしの駆動力は、ターボ過給があまり効いておらず、排気量が重要なんですね。

 たった100ccの差が案外大きく、走り・燃費・レギュラーガソリン対応で、1.5tちょいのフルタイムAWD車を気持ち良く走らせるためには必要だったと思います。
(インプだとAWDで1.3tちょいに達しますね)

 じゃあ、ホンダのL15ターボは、1.5Lでレヴォーグより重いステップワゴンに搭載しているじゃないか!?と問われれば、私もちょっと答えに詰まっちゃいますが(^_^;)

続きは次回で。

無料会員募集!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ