スバル初のコンパクトカー 初代ジャスティについて

自動車

スバル初のコンパクトカー  初代ジャスティについて
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

スバル初のリッターカー!

 70年代後半から80年代にかけ、各メーカーは「リッターカー」と呼ばれる排気量1.0Lのコンパクトカーを続々投入し、シャレードやマーチなどヒットしておりました。そこでスバルも当時の軽自動車「レックス」をベースにした、新しいリッターカー「ジャスティ」を発売!

 エンジンは新開発の直3 1.0L SOHC2バルブのEF10のみで、最高出力はNAとしてはトップのグロス63ps!ただし他社やレックスのようにターボモデルは無し。

最大の売りは・・

 やはり4WDでしょう!84年当時はまだ国産車でフルタイム式はなく、当然ながら切り替え方式のパートタイム式でしたが、シフトノブの先端のボタンを押すだけで、走行しながら切り替えられるイージーさは、魅力的だったと思います。

 そしてなんと言っても、悪路や雪道での走破性は、ライバルをも凌ぐ圧倒的な性能を誇っておりました!

1

出典 http://blog-imgs-26.fc2.com

しかしモアパワーを求めて

 他社のようにターボモデルを持たないジャスティは、販売状況も芳しくなく、EF10型エンジンは軽やかに吹き上がるエンジンでしたが、ややアンダーパワーも指摘されるように。

 そこでスバルは、モアパワーに応えるべく、翌85年、ターボではなく、排気量増かつマルチバルブ(2→3バルブ)の1.2L EF12型を導入!

 最高出力はネット73psに大幅向上し、他社の1.0Lターボ車並みのスペックへ!

2

出典 http://auctions.c.yimg.jp

更に国産初の新型ミッション搭載!

4

出典 http://www.subaru.jp

 現在国産車で主流になっているミッションCVTを、87年に国産車初の量産化!クラッチは現在主流のトルコンではなく、電磁クラッチだったことから、クリープ現象が無かったり、渋滞等の低速時にギクシャクするなど、当時はまだまだ完成度は低く、また高価であったことから、あまり普及はしなかったようです。

5

出典 http://cdn.snsimg.carview.co.jp

88年 大幅マイナーチェンジ!

6

出典 http://www.goo-net.com

 前期型の、いかにも軽の拡大版って感じのスタイルから、フロントマスクを一新!普通車らしい貫禄が出てきました。更にECVTと4WD(パートタイム式)の組み合わせも実現。

 しかし、ライバル車に比べ、イマイチ魅力に欠け、販売台数も下降ぎみ。。。94年にスバルオリジナルのジャスティは幕を下ろしたのでした。

 現在はダイハツからのOEM車で発売されている状況ですが、スバルにはもう一度このような個性的なコンパクトカーを作ってもらいたいものです。
(現在北米向けに力を入れている状況では難しいでしょうが。。。)

7

出典 http://ccsrpcma.carsensor.net

そして現在は・・・

2016年よりダイハツからのOEMで、直3 1.0Lのコンパクトワゴンのダイハツトールをスバルジャスティとして発売中。

出典 http://cvimg01cv.c.yimg.jp

2016年より、ダイハツからのOEMで直3 1.0Lのコンパクトワゴン「トール」を「ジャスティ」として販売中。自社開発でないことは少し残念ですが、軽とインプレッサの間のクラスを埋める役割としては十分はたしていると思います。

1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

カテゴリー

月別アーカイブ