スバルレヴォーグ フルタイムAWDについて

自動車

スバルレヴォーグ フルタイムAWDについて

AWDについて

1

出典 http://car.autoprove.net

●AWDが決め手!

 私がレヴォーグに買い替えた最大の理由は、AWDだからと言っても過言ではありません。

 過去乗っていたクルマは、ほとんどがFFで、ひとつ前が初めてのFRだったのですが、最初にも記したとおり、宮城の冬季の雪道・凍結路での安定性に欠いておりました。具体的な内容を下記に並べてみます。

 ちなみにFR車はスタッドレスはYOKOHAMAのアイスガードを履いていました(今回のレヴォーグも同様)。

●雪道・凍結路でのFR車

 ・交差点で慎重なスピードでも、前輪を
  起点にテコの原理みたいに後輪がズル
  っと滑る。

 ・発進時や中間加速時にスリップしやすい。
  (後輪の加重が少な目でトラクションが
   不足ぎみ?)

 ・通常走行時にフラフラしやすく、FFより
  速度が出にくい

 ・上り坂で停止しそうになると、速度
  キープレベルのアクセル踏み込みでも
  簡単にスリップする
  (トラクションコントロールはあります
  が、効くと力が絞られる・・)

 ・会社の駐車場で、10cm超の新雪の時に、
  駐車場所の確認の為に一度停止したら、
  スタックしてまったく動けなくなった
  のが、5シーズンで2回あり・・・
  結局近くにいた同僚に後ろから押して
  もらってなんとか。
  (トラコンONでは力出ず、トラコンOFF
  では後輪が虚しく空転・・)

 ・凍結路のカーブでスピンしかけて、斜め
  横に対向車線に少し飛び出した。
  (横滑り防止装置でなんとか助かりま
  したが、もし対向車がいたら °Д°;)

これらのことが重なり、通勤で早朝・夕方にクルマ使用が不可欠な私は、FR以外のクルマの買い替えを決意しました。

●次の車の購入検討結果・・・

その後AWD車として購入車を検討したところ、下記理由でレヴォーグに至りました。

 ・スバル以外に、特に欲しい車種が
  無かった。
  (最近の国産車のサイズ、特に横幅
  が広すぎる)

 ・フルタイムAWDなら、常時全輪駆動
  タイプのスバル方式に魅力を感じた
  (メイン駆動輪が滑ってから働く
  簡易式だと、作動時の安定に難あり)

 ・低重心、高バランスの水平対向エン
  ジンによるシンメトリカルAWDなら、
  走行安定性も期待出来る。

 ・衝突安全性や、購入検討当時2015年
  時点で世界トップレベルのプりクラ
  ッシュブレーキ性能を持つアイサイト3。
  さらにB型から挿入された、
  側面・後面のセンシング機能も。

●走行した感想

 実際に乗った感じですが、夏タイヤ時でも横風の影響が受けにくく、また峠での連続したカーブでのオン・ザ・レール感のハンドリングなどメリットを実感しました。

 冬道でも今のところ深い雪道はまだ経験は少ないですが、少なくとも発進・加速時のスリップは今のところほぼ無しです。無論、凍結路で急発進すれば、多少なりともスリップはするでしょうか・・・

 あと、昔実家にあった2代目レガシィでは、基本同じシステム(アクティブトルクスプリット型)を使うフルタイムAWDですが、低速でハンドルを大きく切ると、タイトコーナーブレーキング現象が「グググッ」と発生することがありましたが、今回のレヴォーグは特に感じなくなりました。実際2010年頃に改良されたタイプですし。

 もちろん、前車のFR車と同様に冬道の慎重な運転には心がけております。

2

出典 http://tk.ismcdn.jp

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ