スバルレヴォーグ 納車直後の走行インプレについて

自動車

スバルレヴォーグ 納車直後の走行インプレについて

無料会員募集!

納車直後の走行インプレ

●あれ?試乗車の時と少し違う?

 それでは、納車直後の走行インプレについて話をします。

 まず、とまどったのが、1.6直噴ターボエンジンの独特の出力特性やCVTの走行フィーリングの違和感でした。

 購入前に一応ディーラーで、同エンジン車(A型)の試乗(担当者同乗にて)はしており、その時は非常に素直なアクセルレスポンスで、踏んだ分だけ素直に加速してくれる良好なフィーリングだったのですが・・・

 自分が納車に感じたのは、

 ・発進時、トルコンによるトルク増幅効果
  が終わり、エンジン回転がある程度下が
  った時の失速感。

 ・流れの速いバイパスでの中間加速時に、
  アクセルON時の前車からの置いてかれ感
  とでも言いましょうか。。

 ・かといって力感不足で更に踏み込むと、
  今度はグオ~っと必要以上に加速。。。

・20km/h前後での低速走行時の前後搖動感
  (マニュアル車のスナッチングに似た
  感じ?)

などなど、どうも試乗車とフィーリングが違うのでした。

 この辺をディーラー担当者に聞いてみたところ、

「クルマによる運転者のアクセルワークなどの学習みたいのがあるのでもう少し様子を見てください」

とのことでした。

2

出典 http://boxerawd.cocolog-nifty.com

●その後慣らしが進むと・・・

 しかし、エンジンの慣らしが進み、特にターボ過給が不十分な1,800rpm以下の低速トルクが徐々に太くなっていったのと、自分自身のアクセルワークがクルマに慣れてきたのか? 走行距離が17,000kmを過ぎた現在では、だいぶ違和感が無くなってきました。

ちなみにSIドライブの走行モードは、エコノミーな「I」モードでの話であり、スポーティな「S」モードでのアクセルレスポンスは申し分ありません。その代わり燃費は悪化しますが。。。(´Д`;)

1

出典 http://www.subaru.jp

無料会員募集!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ