一度乗ってみたい!1970年バモス・ホンダについて

自動車

一度乗ってみたい!1970年バモス・ホンダについて

無料会員募集!

完全にホンダの珍車!?

 1970年、当時のホンダの軽トラTN360をベースに、オープンカータイプの軽トラ、バモス・ホンダが発売されました。

 エンジンは、N360やTN360と共用の空冷2気筒の30ps。

 昔から、こういう楽しい車作りは、まさにホンダの十八番ですね。しかし、3年間での販売台数はわずか2,500台。。。

なぜ売れなかったか!?

1

出典 http://s-media-cache-ak0.pinimg.com

●車としての実用性

 基本的に「オープンカーの軽トラ」である為、当然ながら雨・風の影響は受けます。一応帆はありますが、取り付け・取り外しなどの工数がそれなりにかかるでしょう。

 あとドアがなく、転落防止のガードパイプのみというのも、ちょっと怖いですね。現在だったら、側面衝突安全の問題で、絶対生産出来ないでしょう。。

 もちろん駐車時の盗難防止策として、ハンドルロックやグローブボックスの鍵などは備わっておりました。

●走破性

 見た目は一見オフロードカーのようですが、タイヤは10インチの2WD(後輪駆動)であり、当時の一般的な軽トラとそう大差がありませんでした。
(軽トラで4WD初設定は、80年のスバルサンバー)

しかし楽しさはあった!

2

出典 http://livedoor.blogimg.jp

 レジャー向けのオープンカータイプの軽トラなんて、他メーカーでは絶対作ることは無く、楽しさや街中での注目度は凄いと思います!

トミカのおもちゃ

4

出典 http://www.minicar-global.com

Youtube動画集

 主に走行シーンの動画です。空冷エンジンの乾いたサウンドが懐かしいですね。ホンダには、このような楽しい車をもっと作ってもらいたいものです!(^^)

無料会員募集!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ