「けさぶろう」の愛称の3輪トラック「マツダK360」について

自動車

「けさぶろう」の愛称の3輪トラック「マツダK360」について

1959年 愛嬌のあるフロントマスクでデビュー!

 小杉二郎によるスタイリングと明るいツートーンカラーにより、商用車とは思えないスマートさで人気となった。K360が登場した1959年は、ダイハツ・ミゼットの丸ハンドル仕様となるミゼットMPシリーズの発売とほぼ同じ年であり、真っ向から比較される対象であったが、マツダ・K360の方が静粛性は優れており、また、タイヤサイズがミゼットの9インチに比べて12インチと大きいことから、ボディサイズが同等のミゼットよりもひとまわり大きく感じさせた。

 メカニズムでは、エンジン自体とその搭載方法が特徴となっている。エンジンは空冷 4ストローク OHV V型2気筒のBA型ガソリンエンジンで、バンク角は76°、潤滑はドライサンプである。最高出力は11馬力 / 4300 rpm 、最大トルクは2.2 kg-m / 3000 rpm で、搭載位置はキャビン背後の荷台との間、いわゆるミッドシップに縦置きされ、それに続く3速マニュアルトランスミッションとプロペラシャフトを介し、後輪を駆動する。このエンジンレイアウトは荷台の絶対長では不利になるものの、2気筒エンジンをキャビンと隔離して搭載できるため、静粛性や低重心性、整備性という面では競合車種より優位であった。エンジンにアルミを多用することにより、軽量化も図られている。

 トランスミッションは、前進が常時噛み合い式(コンスタントメッシュ)、後退が選択擦動式である。

出典 http://ja.wikipedia.org

1

出典 http://blogimg.goo.ne.jp

 1960年代を代表する3輪トラックと言えば、MP型ミゼットが思い浮かびますが、この「けさぶろう」もなかなか愛嬌のあるフロントマスクで、ほのぼのとしますね(^^)

ミャンマーでは今でも現役!

3

出典 http://image.space.rakuten.co.jp

 1960年代にミャンマーに輸出され、1990年代中期頃まで現地生産が行われていたことから、現在でも現役の車両が多数見られるみたいですね。

■動画

■ツイッターまとめ

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ