1970年発売の100台限定のダイハツフェローバギィについて

自動車

1970年発売の100台限定のダイハツフェローバギィについて

■100台限定販売だったフェローバギィとは

 1970年4月にダイハツ工業が発売したバギーカー。北日本を除く日本国内で、100台限定で販売された。

 実用性を重視した乗用車や商用車が主流であった時代に、FRPボディによるユニークな外観と、スポーツカーに準じる2人乗りという軽自動車規格を備えていた。型式はL37PB。

 同社の軽商用車であるフェローピックアップ用のエンジン・シャーシー・ドライブトレインを流用。外板を外してその上に軽量なバスタブ型FRPを換装している。ボデイのほぼ真ん中に2名分の座席を設置、その後ろに150kgの荷物スペースを確保する事で、軽トラック(軽商用車)登録とした。

 屋根にはビニール・キャンバスが張られている。メーター回りはフェローピックアップからそのまま持ってきた大型スピードメーターが、ハンドルの左、フロントパネルの真ん中に配置されている。ハンドルの正面にはライト、ワイパースイッチが並んでいる。

出典 http://ja.wikipedia.org

1

出典 http://meisha.co.jp

■走行性能は

 エンジンはベースとなったフェローピックアップと同じ360cc、26ps/5,500rpm, 最大トルク3.5kgm/4,500rpmの2サイクル仕様。最高速度は時速95km。

 見た目は一見SUV的で悪路走破性が高そうですが、4WDではなく2駆であり、最低地上高もさほど高くないので、見た目ほどではなかったそうです。

2

出典 http://meisha.co.jp

■ツイッターまとめ

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ